広報に求められる能力・スキルは?

広報求人 TOP >> 広報求人の基礎知識とよくある質問 >> 広報に求められる能力・スキルは?

広報に求められる能力・スキルは?

広報の仕事をこれからしようと思っているのであれば、基本的なスキルを持っているかどうかを確認しましょう。広報の仕事をするにあたって必要なスキルの中の一つに、文章を作成するスキルがあります。広報の仕事の中でも主要な業務として、ニュースリリースの作成があります。ニュースリリースは限られた紙面の中で、新しい情報やイベント、声明などを盛り込む必要があります。その他にもプレスリリースの作成も、広報の重要な仕事です。ニュースリリースと混同してしまいがちですが、メディアが取り上げやすいように新製品やサービスの発表をすることです。このようなリリースを作成するためには、相手がその文章を見た時にどのように感じるかを想定して作る必要があります。文章を作成することが好きであれば、広報の仕事は向いていると言えます。

広報の仕事の中には、あまり頻繁にはありませんが人前で話す必要が生じることもあります。記者会見の司会を担当するとか、公式な見解を会社を代表して述べることもあります。このため、話術も要求されるスキルだと思って下さい。伝えるべきことをきちんと伝えることはもちろんのこと、言葉の選び方や振る舞いでどのように相手に印象付けさせるかというところまで考える必要があります。また自分では話をすることはなくても、会社のトップなどが記者会見をする時にどのようなことに気を付けるべきかをアドバイスすることもあります。この場合でも、人前で話をするスキルが要求されます。

広報は先ほど紹介したニュースリリースやプレスリリースの他にも、ポスターやチラシ、メディアガイドと言ったいろいろな紙媒体を作成することがあります。紙媒体の作成をする時に、文章だけでは味気ないものになってしまいます。そこで、印象の強い印刷物を作成するために、デザインスキルも要求されます。ちなみにアメリカで広報を志望する学生はジャーナリズム学科で学ぶことが多いようです。ジャーナリズム学科のカリキュラムを見てみると、デザインスキルという科目を用意していることが多いです。このことからもわかるように、広報で仕事をするためにはデザインスキルが要求されます。

また最近では、紙媒体の他にもwebを使ってアピールをすることも多いです。そこで、ウェブサイトを作成する能力も要求されるかもしれません。ウェブサイト作成の中では、動画やポッドキャストなどを使うこともあります。インターネットに関して、外部に発注するとしても的確な指示がですから幅広い知識が今後は必要だといえます。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.