広報の平均年収は?

広報求人 TOP >> 広報求人の基礎知識とよくある質問 >> 広報の平均年収は?

広報の平均年収は?

広報に転職しようと思っている人の中には、どのくらい稼げるのか興味を持っている人もかなりいるはずです。広報の年収を年齢別に見ていきましょう。ここでは、おおまかな年齢に分けて平均年収を紹介します。25〜29歳の平均年収は、387万円になります。30〜34歳の平均年収は、489万円となっています。35〜39歳の平均年収は、547万円となります。全体で見てみると、広報の平均年収は472万円となります。広報の年収を見てみると、ここ最近は少しずつ増加している傾向がうかがえます。

広報の求人を見てみると、転職者が少し増加してきています。景気が持ち直しの気配を見せていることで、会社も宣伝活動に力を入れているのでニーズが高まっていると考えられています。広報は能力主義の定着している所も、結構多いです。このため、広報としての実績を持っている人であれば、高年収で転職できるケースもあります。25〜34歳の転職者の中には、年収が1000万円を超える条件で転職しているケースもあります。

このような高額の転職者が出てきたことが、広報の平均年収を押し上げていると言えます。転職の傾向を見てみると、PR会社のようなアウトソーシング系の企業で仕事をしている人が事業会社に転職しようという流れが強まっています。事業会社の中には、経営基盤のしっかりとしている所も少なくありません。そこで将来的な安定を求めて、転職活動をする人も多いようです。しかしアウトソーシング系の会社から事業会社への転職をする場合、年収が下落してしまうケースが多いようなので注意が必要です。

転職をすることで年収アップをするのであれば、経験が重視されます。対社内の経験ももちろん重要ですが、社外に対してどのように情報発信ができるのか、その実績があるのかが重視される傾向があります。転職市場で高く評価される人材を見てみると、メディア面での経験がポイントになるようです。まず紙媒体の経験は必須と思いましょう。そのうえで、テレビなどのビジュアル系のメディアへのコネクションを持っているとか、インターネット関連の企画立案経験を持っている人材であれば、高く評価されます。特にウェブ関係の広報経験がある人は、まだまだ少ないです。希少価値があるので、転職マーケットでは高く評価される傾向があります。上で紹介した経験を持っている人は、その部分を面接でアピールすれば、年収アップも高く期待できます。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.