広報と宣伝の違いは?

広報求人 TOP >> 広報求人の基礎知識とよくある質問 >> 広報と宣伝の違いは?

広報と宣伝の違いは?

会社の中には、いろいろな部署があります。その中でも広報とか宣伝と言った部署がある会社も多いです。広報と宣伝と言われると、やっている仕事は同じなのではないかと思う人もいるでしょう。しかし同じ会社の中に広報部と宣伝部があることからもお分かりのように、両者の業務範囲は少しずれています。広報も宣伝も、会社で提供している商品や会社そのものを外部に向かって周知させるところでは共通しています。しかし周知させる方法が、広報と宣伝とでは異なります。

宣伝は、メディアなどを使って、ストレートに見ている人にアピールするのが仕事です。例えばコマーシャルなどを使って宣伝していますが、このような業務は宣伝部の担当になります。しかし広報の場合には、新聞や雑誌のスタッフに対応する仕事になります。新聞や雑誌の取材に応じて、自社や自社製品を記事の中で紹介してもらいます。宣伝の場合、予算の範囲内であれば自由に宣伝方法を考えることが可能です。しかし広報の場合、最終的に記事にするのはメディアのスタッフになるため、間接的にアピールすると言えます。このため、自分が思っているような通りに報道してくれない可能性もあるわけです。いかに自分が伝えてほしいことを記者に対して理解させるかで、頭を悩ませる営業も多いそうです。

また宣伝と広報とでは、活動をすることの目標が少し異なります。宣伝の場合、商品を消費者に購入してもらえるように持っていくためにいろいろと試行錯誤をします。もちろん広報も商品をメディアでアピールすることもあります。しかし商品の売り上げに貢献することを目的としているよりも、会社のイメージアップをするためにはどうアピールすればいいのかということに重きを置いて活動している傾向があります。

宣伝の場合、テレビコマーシャルや新聞、雑誌広告、チラシ、カタログを製作することが主要業務になります。しかし広報の場合、新聞やテレビ、雑誌と言ったメディアの関係者と円滑な関係を構築することが主要な業務となります。円滑な関係を構築しないと、商品に関してニュースリリースを発表しても、なかなか取り上げてくれません。宣伝は、物が業務の最終的な帰結になるのに対して、広報の場合人間に帰結する所も大きな違いです。宣伝や広報の仕事をしてみたいと思っている人の中には、両者を混同してしまっている人もいるでしょう。しかし両者には上で紹介したような違いがあることを、しっかりと理解してください。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.