大学・専門学校の広報求人

広報求人 TOP >> 業界別で探す広報求人 >> 大学・専門学校

大学・専門学校の広報求人

広報というと、メディア対応をする業務がメインというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし一般的な広報の仕事と少し異なるような求人もあります。学校や専門学校の広報は、一般的な広報スタッフとすべき業務は異なります。学校の広報は、学生に対して自分の学校をPRし、少しでも多くの志望者を確保することがメインとなります。では具体的に、どのような業務を担当するのでしょうか?

まずは、学校をPRするための資料を作成する業務です。学生募集のために、パンフレットの企画を立案して実際に作成をします。また最近の学生は学校選びをするときに、インターネットを使って情報収集することも多いです。そこで学校のホームページを立ち上げ、運営をすることも広報の担当になります。また直接各学校を訪問して、自分の大学や専門学校のPR活動をすることもあります。

学校説明会やガイダンスを実施して、学生に自校をアピールするイベントの企画を立案するのも広報です。また立ち上げた企画を実施しに移すのも仕事になります。このように対外アピールをする大半の業務は、すべて広報が担当することになると思ってください。メディアが多様化したことで、学生が情報収集する手段も増えています。このような多様化に対応するために、いろいろな業務を柔軟にこなしていく人材が求められています。

ではどのような人材を対象にして、募集されているのでしょうか?学校や専門学校の求人情報を見てみると、あまり厳しく応募資格を制限していることは少ないです。大卒で普通自動車免許を持っている人、ワードやエクセル、パワーポイントが使用できる程度のパソコンスキルを持っている人であれば、応募できる求人が多いです。ただし、学校や専門学校での実務経験を持っている人であれば、採用される可能性が高まります。特に自分が今まで働いてきた学校と募集されている学校のジャンルが近ければ近いほど、即戦力として採用される傾向が強いです。

ただし、長期間勤務をしてキャリア育成をしていこうという目的で、募集される案件が多いです。このため、年齢制限をかけている求人情報もありますので注意しましょう。このような年齢制限のある広報求人の場合、35歳前後以上だと転職は厳しくなります。学生という若い人を対象にして広報活動をしますので、感性の若い人の方が評価されます。若者が興味を持ちそうな趣味を持っている人は、そのことを採用試験の時にアピールしてみるのはいかがでしょうか?

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.