美術館・博物館の広報求人

広報求人 TOP >> 業界別で探す広報求人 >> 美術館・博物館

美術館・博物館の広報求人

美術館や博物館の広報担当の求人情報は、決して多くはありません。美術館や博物館の広報担当は、マスコミ対応がまず重要な業務として挙げられます。美術館や博物館では、定期的に催し物を実施します。この催し物をアピールするときに、マスコミを使って宣伝をすることがあります。この時のマスコミへの働きかけや撮影や取材をするにあたっての対応を広報が担当することがあります。その他には、自分のところでホームページを開設している所が多いです。このホームページの運営の担当をすることもあります。博物館や美術館では、関連するグッズを販売しているケースも少なくありません。このような商品の登録などの業務も、広報担当に任されます。

ホームページに最新の情報をアップすることもあれば、サイトアクセス分析業務もあります。どのようなページがよく見られているのか、どこから自分のホームページにアクセスをしているのかといった情報を分析します。そしてより多くのアクセスを見込むためには、どのようなサイト作りをすればいいのかにつなげていくわけです。中にはグッズなどのECサイトの運営を行っている博物館や美術館もあります。ECサイトの運営も必要に応じて担当することになります。サイトの運営といっても、基本的なパソコンスキルがあれば問題ありません。更新はこまめに行う必要があるので、コツコツとした作業が別に苦にならない人の方が、広報担当としては向いているといえます。

美術館や博物館の広報担当の求人情報を見てみると、いろいろな雇用形態で募集されていることがわかります。正社員で募集されている案件もありますが、一方で契約社員やアルバイト社員で募集している案件もあります。そこで特に正社員としての就職を希望している人は、求人の雇用形態に関してはしっかりとチェックすることです。契約社員の中には、一部一定期間後に問題なければ正社員へ登用してくれるような案件もあります。求人情報を念入りに確認することが重要です。

美術館や博物館の広報担当の求人は、公開される案件はあまり多くはありません。しかし非公開求人として、募集されている可能性があります。ですから、もしどうしても美術館や博物館の広報として働いてみたいと思っているのであれば、転職エージェントを活用してみることです。キャリアコンサルタントが専任で、非公開求人の中から皆さんにある募集を見つけてくれるはずです。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.