独立行政法人・財団法人・自治体の広報求人

広報求人 TOP >> 業界別で探す広報求人 >> 独立行政法人・財団法人・自治体

独立行政法人・財団法人・自治体の広報求人

広報の仕事をするにあたって、将来に向けての経済的安定を求めている人もいるでしょう。そのような人は、公的機関の広報求人を探してみるのはいかがでしょうか?公的機関であれば、倒産や破たんのリスクはまずないといっていいでしょう。このため将来的にも安心して、仕事ができるはずです。

広報の公的機関の求人を見てみると、地方自治体などで不定期に募集が出ているような状況です。館内ポスターやパンフレットの配布を行っているようなところで、作成業務を担当することになります。ただし、自分ですべての作成を担当しなくてもいい業務もあります。たとえば、具体的なデザインに関してはイラストレーターとの打ち合わせで作成をするような業務もあります。このため、イラストなどの実務経験や専門学校の卒業などの条件は課されません。

広報の経験のない方でも、応募できるような案件もあります。事務の経験を持っている人やパソコンスキルをある程度持っている人であれば、応募できるような求人情報もあります。パソコンスキルに関しては、ワードやエクセルといったビジネスで使用するパソコンソフトの基本的な操作のできる人であれば、問題ありません。女性が多数在籍しているような職場で、求人情報が出ていることもあります。女性で広報の求人に興味を持っている人であれば、応募を検討してみてもいいのではありませんか?残業なども公的な機関の場合、あまりありません。このためプライベートとのライフワークバランスもしっかりと取れます。

ただし広報の求人の場合、雇用形態などには注意をした方がいいでしょう。というのも正社員の募集以外にも、派遣社員として募集されている案件も多いからです。派遣社員だと期間限定ですし、その後すぐに仕事が見つからない可能性もあります。ちなみに派遣で仕事をした場合、時給は1200〜1300円程度のところで募集されていることが多いです。正社員の場合だと、月収で20万円強からスタートするような案件が目立ちます。

しかし独立行政法人や財団法人、自治体の広報募集は、求人サイトではあまり出ていません。非公開求人で募集されている可能性もありますので、転職エージェントに登録をしておいた方がいいでしょう。そうすれば、自分で求人探しをするのと比較して、より多くの公的機関の広報求人が目に留まります。公的機関の広報に就職するにあたって、キャリアコンサルタントからいろいろなアドバイスが受けられるのも大きいです。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.