マスコミ業界の広報求人

広報求人 TOP >> 業界別で探す広報求人 >> マスコミ

マスコミ業界の広報求人

映画産業は少し前まで、斜陽産業といわれていました。ところがここにきて、徐々に活気を取り戻してきています。映画産業が復活してきた背景にはいくつかの要因がありますが、中でも大きかったといわれているのがシネマコンプレックスの台頭です。シネコンは、アミューズメント施設やショッピング施設に併設されていることが多いです。そこで遊びに行ったついでに気軽に映画を鑑賞できるようになりました。またテレビ業界が、自局で放映したドラマの劇場版を製作することが多くなったことも、映画産業の復活に大きく寄与したといわれています。

そこで映画関係の求人情報も、ここにきて再び徐々にではありますが増加しています。広報の募集も出てきています。ところで映画会社で広報の仕事は、具体的にどのようなことを担当するのでしょうか?映画会社ならではの業務もあります。映画の中でも大規模ロードショーをするような作品であれば、宣伝にもかなり力を入れるものです。場合によっては、いろいろなイベントを開催して作品の宣伝をすることもあります。このイベントの企画の立案や運営を広報スタッフが担当することもあります。

また映画の撮影の手配やスケジュールの管理なども、広報スタッフが業務を担当する募集もあります。プロモーションのときには、映画に出演をしている俳優や女優を活用することも多いです。このような俳優や女優のプロモーション活動のマネージメント業務も、広報の仕事の一つになりえます。一方で、ほかの業界の広報担当と同じような業務もあります。たとえば映画作品を紹介してもらうために、出版社と打ち合わせをします。また自社サイトで映画作品の紹介をしますが、このサイト運営を任されるのも広報スタッフです。映画業界の場合、広報の実務経験者を優遇する傾向はあります。しかし未経験者でもウェブ制作に関しての知識を持っている人であれば、採用される可能性もあります。

芸能プロダクションやその関係会社で、広報スタッフの求人情報も出ています。こちらは、タレントやアーティストのプロモーション活動の企画立案をするのが主な仕事です。タレントをイメージした関連グッズなどを取り扱っているところもたくさんありますので、これらの商品の販促を担当するのも広報スタッフです。芸能の広報スタッフの求人を見てみると、かなり給料にばらつきがあります。年収700万円程度もらえる案件もあれば、200万円程度からのスタートの案件もありますので注意しましょう。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.