食品・フードメーカーの広報求人

広報求人 TOP >> 業界別で探す広報求人 >> 食品・フードメーカー

食品・フードメーカーの広報求人

食品メーカーは、ここにきて徐々に採用者を増やしつつあります。これは、リーマンショック以降世界的に景気が落ち込んだ状況から少しずつ回復していることが背景にあります。食品メーカーの中でも国内メーカーは、海外に目を向けつつあります。日本は今後、少子高齢化がますます進むと予測されています。このため、徐々に人口は減少していくのではないかとみられています。人口が少なくなれば、食品の国内マーケットもどうしても縮小してしまいます。そのため、国内で利益が見込めなくなる分を海外のマーケットに補おうというわけです。

そこでこれからは食料品メーカーに就職をしたいのであれば、海外ビジネスに対応している人材が求められていることを認識しておきましょう。英語力なども要求されます。また食料品メーカーは、海外の中でもアジアをメインターゲットにしようという動きを見せています。このようなことも転職活動をする際に参考にしてみるといいでしょう。

食料品メーカーの広報担当の求人情報の中には、ほかの業務も並行して担当する案件もあります。たとえば、人事と広報を兼務する人材が募集されているケースもあります。このため、広報窓口の対応業務の他にも、新卒などの採用企画の立案なども担当する必要があります。その他にも、事業管理や経営管理業務と兼任する人材を募集している食料品メーカーも過去にはありました。広報スタッフの求人情報だからと安易に応募するのではなく、具体的にどのような範囲の中で仕事をするのかを確認すべきです。たとえば、人事との兼務で広報スタッフを募集している求人情報では、採用業務の実務経験を持っている人を対象に募集していました。

食料品メーカーの、広報スタッフの募集でどのくらいの給料が提示されているのでしょうか?案件によって多少の違いがあるものの、多くの求人で年収450〜550万円程度の範囲で募集されている傾向があります。これはほかの業界の広報スタッフの求人と比較して、平均的な募集といえます。食料品メーカーの広報スタッフの場合、大手だと転勤の可能性があることも注意しておくべきです。本社は東京でも、関西や九州などへの転勤を命ぜられる可能性もありますので、特に家族のいる方は転職するにあたって家族と話し合いをして、応募するかどうかを判断しないといけないかもしれません。まずはいろいろと食料品メーカーの求人情報を見て、気になる案件をピックアップするところから始めましょう。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.