ベンチャー企業の広報求人

広報求人 TOP >> 条件別で探す広報求人 >> ベンチャー企業の広報求人

ベンチャー企業の広報求人

転職を希望する人の中には、いろいろなタイプがあります。将来的な経済の安定を求めて転職をするのであれば、大企業への転職を検討すべきです。しかし中には、働き甲斐を見い出すために転職をしようと思っている人もいるはずです。そのような場合、リスクもありますがベンチャー企業への転職を検討してみましょう。ベンチャー企業はまだ会社ができて間もないので、自分で会社を育て上げていくという大企業にはない使命を持って仕事に取り組むことができます。広報担当の転職を希望している人の中でも、あえてベンチャー企業への転職にチャレンジする人も少なくありません。

大手企業の場合、広報の部署が単独で用意されていることが多いです。しかもすでにPRの手法などのノウハウも確立されていますので、そのレールに沿って仕事をすれば、大間違いを犯すことはありません。安全性は高い反面で、単純作業になってしまうきらいがあります。ところがベンチャー企業の場合、会社の歴史が浅いです。このため、広報に関しての仕事のノウハウもまだ確立されていません。このため、自分でノウハウを試行錯誤する中で作り上げていく必要があります。

ベンチャー企業は人手不足のことが多く、広報は少数精鋭、場合によっては一人で担当しないといけない会社もあります。しかも大企業のように、広報だけに専念できる環境ではないケースもあります。総務や人事、中には経理と兼業で仕事をしないといけない場合も存在ます。忙しくて大変ではありますが、充実した日々を送っている人も多いです。

ベンチャー企業への転職をする場合には、転職エージェントを利用した方がいいでしょう。転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントが、あなたに求人情報を紹介してくれます。その中で、会社の雰囲気や様子についても詳しく紹介してくれます。特に中年世代に差し掛かっている人がベンチャー企業に転職をするのであれば、社員構成を確認しておきましょう。

ベンチャー企業の場合、社長をはじめとしてかなり若い所も少なくありません。会社の社長が20代というケースもあります。そのような環境でたとえば、40〜50代の人が入社するとなるとお互いにやりにくさを感じるケースもあります。20代の人が上司となると、なかなかその人の言うことをすんなりと受け入れられないこともあるでしょう。逆に上司にとっても、かなり年上の部下を使うのに気が引けることも出てきます。自分がベンチャー企業にはいることで、浮いた存在にならないか確認することです。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.