英語力を活かせる広報求人

広報求人 TOP >> 条件別で探す広報求人 >> 英語力を活かせる広報求人

英語力を活かせる広報求人

グローバル社会という言葉が定着して久しいです。この言葉が代表するように、日本の企業もどんどん海外に進出する傾向があります。そこで、会社が求める人材像も変わってきていて、語学力を持った人材を重視する傾向が高まっています。広報スタッフの求人を見てみても、語学力、とりわけ英語力を持っている人を対象に求人が出ているケースも増えています。語学力の必要な広報の案件には、いろいろなタイプがあります。

まずは、売り込みをかける相手が海外企業やメディアである場合です。この時、相手とはかなり綿密にコミュニケーションをとる必要があります。このため、かなりレベルの高い英語力が要求されます。ビジネス英会話をそつなくこなせることが条件であることが多いです。また外資系企業も、日本に進出してきています。この外資系企業の広報スタッフの案件に関しても、語学力を必須としているケースが多いです。このような案件を見てみると、TOEICのスコアを要求しているケースもほとんどです。TOEICを受験したことがないという人は、受験をしておきましょう。年に何度も開催されている試験なので、スコアを手に入れるのは比較的たやすいはずです。

その他には、受け身の業務で英語力が要求されるケースもあります。受け身の業務とは、例えば資料やパンフレットなどの作成をするときに英語で書かれた資料を元に作成することもあります。この時英語で書かれている資料を和訳して、パンフレットやチラシの作成をする業務です。この場合英語力といっても、会話の能力はあまり重視されません。むしろ翻訳の能力があるかどうかというところが、採用するにあたって重視されます。広報アシスタントの募集をしている求人情報の中で、翻訳スキルを持ったスタッフを求める傾向があります。

広報求人の中で、英語力のある人材を求める案件はあります。しかしここで注意しないといけないのは、英語力のあるなしがすべてではないという点です。むしろ英語力のあるなしは、付帯的な条件と思ってください。その他にも応募条件をいろいろと設定している求人が多いです。広報の実務経験を持っている人や最近ではWEB業界の知見を持っている人が重視される傾向があるようです。ウェブマーケティングのノウハウを持っているとか、ソーシャルビジネスの経験を持っている人などの条件設定している求人も増えています。総合的に判断して、自分が応募できるかどうかをチェックすることが重要です。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.