デザイン・編集スキルを活かせる広報求人

広報求人 TOP >> 条件別で探す広報求人 >> デザイン・編集スキルを活かせる広報求人

デザイン・編集スキルを活かせる広報求人

編集のキャリアを持っている人の中で、出版社ではなく他の業界で自分の経験を生かしてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?そのような人の転職先の候補の中の一つに、広報スタッフがあります。広報の業務の中には、社外報や社内報などを作成する仕事があります。このような業務では、皆さんの持っている編集スキルを生かすことも十分に可能になるはずです。また最近の広報の仕事を見てみると、WEBを使った展開を重視する傾向があります。ウェブサイトのコンテンツの企画から運営までを担当するスタッフを募集していることも多いです。コンテンツの作成にあたって、編集のスキルを生かすことも可能ではないでしょうか?

編集経験者を歓迎する広報の求人は、数的には決して多くはありません。そこで未経験者歓迎の広報の求人にもターゲットを広げて、応募する先を探してみましょう。面接試験などでは、皆さんの編集における経験をアピールすることが重要です。取材力や文章力などをアピールしていきましょう。また出版会社などで業務経験を持っていれば、メディアに対してある程度の人脈を持っているのではありませんか?そうであれば、メディアに人脈を持っていることも、PR材料として活用していきましょう。広報ではメディアを使った宣伝戦略も重要なので、人脈を持っていることは評価される可能性が高いです。

広報は、いろいろなチラシやパンフレットなどの資料を作成することも重要な業務の一つに数えられます。そこでデザイナー経験を持っている人も、広報担当として転職できる可能性があります。パンフレットやチラシなどのレイアウトをどうするかを考える業務を担当します。先ほども紹介したように、WEBを使った広報活動も活発になってきています。そこでWEBデザイナーの経験者を歓迎する求人情報も、最近では多くなってきているようです。IllustratorやPhotoshop、コーディングなどのスキルを持っているのであればそのことをアピールすべきです。

デザイナーで広報関係に転職する場合、年齢制限が出ているケースも多いですから注意しましょう。会社によって多少の違いがあるものの、一般的に35歳くらいを上限として募集している案件が多いようです。デザイナーの方で、異業種に転職をして自分の能力を試してみたいと考えている人もいるでしょう。その場合には、早目に転職活動をするべきだと言えます。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.