アシスタントからでもOKの広報求人

広報求人 TOP >> 条件別で探す広報求人 >> アシスタントからでもOKの広報求人

アシスタントからでもOKの広報求人

広報の仕事に興味を持っているけれども、実務経験がないので躊躇している人はいませんか?広報の求人を見てみると、未経験者OKの求人もたくさん出ています。その中には、広報アシスタントからOKの求人がたくさん出ています。まずはアシスタントとして仕事をしてもらって、広報の業務に慣れてもらおうというわけです。もし広報の仕事が務まるかどうか不安に感じているのであれば、広報アシスタントを募集している求人をチェックしてみましょう。ところで、広報アシスタントとは具体的にどのような業務を担当するのでしょうか?

広報アシスタントは、基本的に広報スタッフの指示通りに動く人をさします。くだけた言い方をすれば、使いっ走りということになるでしょうか。広報アシスタントの求人情報を見てみると、パソコンスキルを必須としている募集が多いです。これは、「この資料をパソコンで打ち出しておいて」「このデータを表にしておいて」といった指示が広報スタッフから来ますので、パソコンスキルが要求されるわけです。

広報アシスタントの求人を見てみると、語学力を条件としている案件も割合多いです。これはなぜかというと、英語の資料を翻訳してもらう業務が回ってくる可能性があるからです。たとえば、音楽業界の広報アシスタントには、語学力を重視している広報アシスタントの案件が多いです。これは海外のアーティストのCDを日本で販売することになったとします。その時アーティストの経歴や歌詞の部分の翻訳をすることが必要だからです。わざわざ翻訳者に外注するのではなく、アシスタントに任せれば経費も安くて済むという意図もあるようです。

広報アシスタントの案件を見てみると、正社員として募集しているものもあります。しかし派遣社員などの非正規雇用で募集されている案件の方が多いと思ってください。もし正社員として就職することにこだわっているのであれば、雇用形態がどのようになっているか、チェックをしておきましょう。広報アシスタントの求人の中には、マスコミの問い合わせの対応業務を任されるようなケースもあります。電話を使った問い合わせ対応になりますので、それなりのビジネスマナーが身についていないといけません。

広報アシスタントは広報未経験者でも応募できますが、事務の経験があることを条件としている案件もありますので注意しましょう。とにかく応募する前に求人情報にすべて目を通しておくことが、後悔のない就職のために必須です。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.