海外の広報求人

広報求人 TOP >> エリア別で探す広報求人 >> 海外の広報求人

海外の広報求人

グローバル社会になったこともあって、日本企業が海外に進出するケースも多くなってきています。そこで、広報担当者も海外で活躍するような場面が今後さらに増加してくる可能性があります。広報の求人情報を見てみても、海外において仕事をするような人材を募集している案件もちらほらと出ています。企業のジャンルも多種多様で、小売店のケースもあれば、モバイル事業を行っている企業で海外向けの広報求人が募集されていることもあります。中には、海外拠点をこれから作っていくので、その準備スタッフを募集しているというケースもあります。

海外拠点で広報の活動をするのですから当然のことながら、海外のメディアや投資家に対してプレゼンをする機会も多くなります。またビジネス交渉も英語を使って交渉することになります。そこで語学力のスキルが重視されることは、頭の中に入れておいてください。英会話能力は、ビジネスレベルで話せるくらいの能力を求められます。

また案件によっては、TOEICの公式スコアを基準にしている求人もあります。TOEICの受験経験のない人は、年に何度も開催されている試験なので受験をしておきましょう。700点以上のスコアを持っていれば、評価される可能性は高いです。また広報関係の業務を担当したことのある人を対象に、求人募集が出ているものもありますので応募資格があるのかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

海外の広報求人を見てみると、年齢制限を設けている案件も結構あります。ある程度の実務経験を持っている、かつ会社のノウハウを継承したいということから、20代後半から30代までの中で募集を行っている案件が多く見かけられます。上限は38歳とか39歳までとしている案件もありますので、40代を超えると少し転職をするのは厳しくなるかもしれません。もし広報関係の仕事に転職しようと思っているのであれば、早め早めに動いてみましょう。

求人情報を自分で探す方法も、あることはあります。しかし特に現在仕事をしながら、かつ転職活動するとなるとかなりスケジュール的にタイトになってしまいます。そこで、転職エージェントを利用してみることも検討してみましょう。キャリアコンサルタントが皆さんの転職先の希望について、細かくヒアリングしてくれます。そして皆さんの求める条件に合致すると思われる案件を紹介してくれます。無料で利用できますので、転職に興味を持っている人は登録してみるといいでしょう。

広報の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

広報求人の基礎知識とよくある質問

業界別で探す広報求人

条件別で探す広報求人

エリア別で探す広報求人


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 広報求人サイトランキング<※憧れの広報職への近道!> All Rights Reserved.